職業別

【元社員が語る】銀行員と結婚したい!おすすめ婚活方法3選は?結婚後の生活も紹介

銀行員の人と結婚したいなぁ。でもどうやって婚活すればいいんだろう?

元銀行員のけいです!

銀行員と言えば、真面目で安定した収入のある職業というイメージもあって結婚したいと考えている方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、元銀行員の視点で、銀行員と結婚するためのおすすめの婚活方法や、結婚後のリアルな生活や注意したいことについて詳しくご紹介します。

銀行員ってどんな仕事?

銀行といっても地方銀行やメガバンク、信託銀行等様々な種類の銀行がありますが、主に以下のような仕事をしていることが多いです。

  • 取引先の会社への融資業務・定期的な面談
  • お客様のニーズに合わせた金融商品営業
  • 外国為替業務
  • 口座登録、変更、解約等預金に関するオペレーション
  • 相続に関する面談や伝票処理
  • 振込・振替処理

銀行にもよりますが、大体朝7時半〜8時頃には出勤し、19時〜21時ごろの間に帰ってくることが多いです。

ただ、銀行は一円でもお金が合わないと帰れないので、滅多にありませんがお金が合わないと23時を回ることもあります。

基本は土日祝日がお休みですが、年に数回、銀行員は必ず取らなければいけない資格の試験や、取引先の会社が開催するイベントの関係で休日出勤をしなければいけない事もあります。

忙しくてストレスもある仕事ですが、だからこそ家庭を持って安心できる場所が欲しいと望む結婚願望が強い方が多いですよ。

銀行員と結婚するとどんな生活が待っているの?

給料が安定している安心感がある

銀行員は一般的な会社員に比べ、比較的給与が高いです。

また資格の試験に合格すると奨励金等も貰えるので、滅多な事がない限りお金に困ることはないのではないでしょうか。

お金が全てというわけではありませんが、お金があれば子供に好きなことをさせられますし、私が務めていた銀行では「子供が自立したら夫婦で海外旅行をするんだ〜」なんて声もちらほら聞いていました。

子育ても二人の時間も充実したいという方には大変魅力的な結婚相手ですね。

コミュニケーション上手が多く話が楽しい

男性銀行員は営業成績によって出世等が決まるといっても過言でないほど、営業成績が重視されます。

営業成績を上げるにはどうすればいいか。

そうです、トークスキルを磨く事が一番なのです。

銀行員は、お客様にどのように説明したら商品の良さが伝わるか、どうすれば自分に対して好印象を持ってもらえるか等、日々考えながら仕事をしています。

ですので、コミュニケーション能力が高くご近所さんや親戚にも明るく爽やかに対応する事が出来ます。

親や親族など世間での印象が良い

誰しも親戚やご近所さんに悪い印象を与えたくありませんよね。

銀行員は他者に好印象を与えやすい話し方や気遣い等が出来るので、そのような心配をしなくてもいいのが魅力的ですね。

また社会的な信頼度も高い職業なので、親に紹介する時も安心して結婚を認めてもらえることが多いでしょう。

銀行員と結婚したら気をつけたいことは?

帰宅が遅くなった理由を聞かない

多くの銀行では働き方改革が行われており、残業も極力しないで欲しいといった指示が出されています。

そんな中で帰宅が遅くなるということは、お金が合わなかった、取引先とうまくいかなかった等の所謂仕事がうまくいかなかったという理由になります。

仕事がうまくいかなかった日に帰宅が遅くなった理由を聞いてしまう、ましてや怒ってしまうなどすれば嫌な思いをするのは当然ですよね。

遅くなった当日は「お疲れ様」と一言かけ、少し日が経ってからあの日はどうしたの?と聞いてもらえると、落ち着いて話ができるのでおすすめです。

リラックスできる空間を作ってあげる

銀行員は様々な資格の勉強、取引先での接待、金融商品や営業に関する知識等、多くの知識や能力が求められます。

日々慌ただしく過ぎる中で銀行員が何を求めるのか。それは癒しのある生活です。

私が銀行に勤めていた時、多くの男性行員が「奥さんや子供のおかげで頑張れる」と言っていました。

それほど銀行員にとって家族や家はとても大切で癒しとなるものなのです。

だからこそ、銀行員と結婚したら毎日お疲れ様としっかり労い、美味しいご飯を作ってあげたり、マッサージをしてあげたりするといいかもしれません。

銀行員と結婚したい!おすすめの婚活方法3選

銀行員との結婚生活がイメージできたところで、おすすめの婚活方法を3つご紹介します。

実践できそうなところからやってみて、ぜひ銀行員との結婚への一歩を踏み出してみてくださいね。

銀行員になる

銀行員の結婚相手として多いのが、同じ銀行員です。

銀行は毎年100名以上採用するだけでなく、年に何度も研修があるので同期との絆は強く関わる機会も多いです。

なので自然と恋仲になり結婚するといった事が多いです。

ですが銀行員の中には「職場恋愛をしたくない」と言った方も多いです。

そんな銀行員との出会い方をこれから紹介します。

自分の職場で見かけたら一言かけてみる

意外と多いのが、取引先での出会いです。

銀行員は担当の会社が決まっているので、定期的にその会社に訪れます。

あなたの職場でも、もしかしたら週に1度程会社に来る銀行員の方がいるのではないでしょうか。

先にも述べましたが、銀行員はコミュニケーション能力が高く営業も行なっている事もあり、人と話すことが好きな人が多いです。

なので、もし貴方が職場で銀行員をよく見かけるのではあれば、一言かけるといいのではないでしょうか。

それだけで銀行員はとても嬉しい気持ちになりますし、何より銀行員はコミュニケーション能力があるので、話を盛り上げてくれます。

一言話す仲からだんだんと話が続く仲になり、いつしか付き合い結婚する事になるかもしれませんね。

婚活パーティーや結婚相談所で出会う

職場恋愛をしたくないといった銀行員は意外と多く、そのような銀行員は婚活パーティーに行ったり結婚相談所を利用している方もいました。

20代の若い行員は街コンや婚活パーティーに行っている人が多かった印象ですが、30代前後の本気で結婚を考えていた先輩は結婚相談所でスピード婚を叶えていましたよ。

「銀行員として働くのは無理」
「自分の会社に銀行員の人が来ない」
「本気で結婚を考えている銀行員の方とだけ出会いたい」

という方は、結婚相談所を利用してみるのもいいですね。

銀行員と結婚したいなら一歩踏み出そう

銀行員はコツコツ努力できる真面目な方が多く、奥さんや家族を大切にしている先輩や同僚をたくさんみてきました。

銀行員の旦那さんと安定した幸せな家庭を築きたい方は、ぜひ一歩を踏み出してみてくださいね!