職業別

教員・教師と結婚したい!結婚後の生活や注意点は?おすすめの婚活方法3選

教員や教師などの学校の先生と結婚したいなぁ。でもどうやって婚活すればいいんだろう?

教員と言えば、真面目な人柄な方が多く安定した職業ですよね。

毎日生徒のために授業をする姿に憧れを持つ方も多いのではないでしょうか。

よしみ
よしみ
そこでこの記事では、夫が中学校教員である妻の視点で、教員・教師と結婚するためのおすすめの婚活方法や、結婚後のリアルな生活や注意したいことについて詳しくご紹介します。

教員・教師ってどんな仕事?

学校の先生は生徒に授業を教えているイメージだけど、どんな仕事をしてるの?
よしみ
よしみ
授業ももちろん教師の仕事の1つではあるのですが、実際は学校に関わる様々な仕事をしています。

結婚すると相手の仕事への理解はとても大切なので、まずは教員・教師の仕事について簡単に確認していきましょう。

教員は学校の種類(小学校・中学校など)や各地域・学校によっても仕事内容は様々ですが、主に以下のような仕事をしていることが多いですね。

  • 生徒への授業、授業準備
  • 校務分掌と呼ばれる係の仕事
  • 生徒指導、担任業務
  • 学校行事の企画運営、準備
  • 保護者との連絡、やりとり
  • 部活動やクラブ活動の指導など

だいたい朝7時半〜8時頃には出勤し、18〜20時ごろの間に帰ってくることが多いです。

ただし学期末や学校行事などの忙しい時期は、帰りが21〜22時ごろになることも。

熱心な部活動の顧問をやっていると、土日に関係なく練習で休日出勤をすることもあります。

よくニュースにもなっているけど、学校の先生は本当に大変な仕事なのね。
よしみ
よしみ
忙しくてストレスもある仕事ですが、だからこそ家庭を持って安心できる場所が欲しいと望む方は多いですよ。

教員・教師と結婚するとどんな生活が待っているの?

教員ともし結婚できたら、どんな生活になるのかなぁ?
よしみ
よしみ
結婚後の生活は一番大切な部分ですよね。

真面目で一生懸命な人が多いので、結婚生活も安定した幸せな生活が期待できますよ。

一途に妻や家族を愛してくれる

教員というのは生徒や保護者から「先生」と呼ばれることもあり、真面目で社会的な責任感を持っている方が多いです。

もともと勉強熱心だったり努力することが得意な人が多く、結婚すると大切な家庭を一生懸命守ろうとしてくれます。

浮気や不倫など社会的にあまりよく思われない行動は教員にとってはかなりリスクが高いため、一途に妻や家庭を愛してくれるのではないでしょうか。

子供が好きで子育てに協力的

毎日児童・生徒と接する仕事をしているので、子供好きでないと教員はやっていけない職業でもあります。

日々保護者とのやりとりの中で子育てや教育の大切さを実感しているので、家庭でも子育てや教育には熱心に参加してくれるでしょう。

ただ熱心になりすぎるあまり、我が子にも生徒以上に厳しくなってしまう方も中にはいます。

まだ先の将来の話ですが、そんな時はあなたがパートナーとお子さんを上手にフォローしてあげられるといいですね。

給料が安定していて県外への転勤がない

公立学校の教員であれば都道府県の教育委員会での採用になるため、地方公務員となります。

少子化が叫ばれているとはいえ一生なくならない仕事ですし、給料も安定しているのは魅力ですよね。

また県外への転勤もないため、基本的には会社員のように全国や海外への転勤もありません。

私立学校の教員は学校単位の採用なので、勤めている学校を退職・解雇にならない限りは異動の可能性も少ないでしょう。

将来は落ち着いて子育てをしたい方や、地元でずっと生活したい方にとっては教員は結婚相手としてぴったりですね。

教員・教師と結婚したら気をつけたいことは?

安定した職業の教員だけど、結婚したら気をつけた方がいいことはあるの?
よしみ
よしみ
学校の先生は忙しくストレスも多い仕事なので、家庭環境を整えてあげることが大切ですね。

部活や補習などで休日出勤することも多い

特に中学校・高校の先生は、部活動や補習などで休日出勤をすることが多いです。

授業は週5でも部活の大会前は土日出勤ということも少なくありません。

また生徒が夏休みや冬休みの期間には補習や講習を行うこともあるため、「学校が休みの日でも教員の仕事はある」ということを理解してあげることが大切です。

ただお盆前後や正月はしっかりと休めることが多いので、事前に計画を立てておけば家族旅行などはちゃんといけますよ。

家ではリラックスして素が出せる空間づくりを

教員は、学校では生徒や保護者に対して常に気を張っている状態です。

家に帰ってきたら日々の疲れからぐったりしていることも多くなるはずですので、パートナーがリラックスして過ごせる雰囲気や空間づくりをしてあげましょう。

例えば

  • ご飯を作って待っていてあげる
  • 好きな趣味の時間はのんびりさせてあげる
  • ソファーでダラダラさせてあげる

など、ちょっとした心がけて大丈夫ですよ。

教員はお話好きが多い!話を聞いてあげて

個人差はありますが、毎日授業をしているせいか教員は話好きがとても多いです。

中には学校や保護者の愚痴や「今日はこんなことを頑張った」という自慢話もあるかもしれませんが、うんうんと聞いてあげましょう。

教員の仕事は、時にはモンスターペアレントなどの理不尽なことも多く、とてもストレスが溜まります。

「大好きな人が自分の話を聞いてくれる」という安心感があるだけで明日も頑張れる活力になりますので、寄り添ってあげてくださいね。

教員・教師と結婚したい!おすすめの婚活方法3選

教員との結婚生活がイメージできたところで、おすすめの婚活方法を3つご紹介します。

実践できそうなところからやってみて、ぜひ教員・教師との結婚への一歩を踏み出してみてくださいね。

学校で教員・事務として働く

教員の結婚相手として最も多いのが、同じ教員です。

学校の先生は他校や一般企業との関わりが少ないので、どうしても同じ学校内や教員つながりでの結婚になりがちです。

もしあなたが教員免許を持っているのであれば教員や、なくても学校事務として働くのも結婚への出会いにつながる可能性はありますね。

しかし現実的にはなかなか難しい方も多いかもしれません。

以下の2つの方法もチェックしてみましょう。

知り合いの教員や学校関係者に紹介してもらう

学校で働くのが難しい場合は、知り合いの学校関係者に教員を紹介してもらうのがおすすめです。

学校の先生の世界は意外と狭く、1人つながれば飲み会や合コンなどをセッティングしてもらえることも多いです。

教員の中には「教員以外の人と出会って結婚したい」と考えている人もいるので、もし友人や知り合いの紹介で出会えればラッキーですね。

ただし1対1での結婚を前提とした紹介ではない場合が多いので、教員と知り合いになれたとしても結婚につながる可能性はかなり低いと考えた方がいいでしょう。

結婚相談所を利用してみる

「学校で働くのはちょっと無理」
「知り合いに学校関係の人もいないし…。」

という方は、結婚相談所を利用してみるのもおすすめです。

婚活サービスには「婚活アプリ」「婚活サイト」など様々ありますが、安く利用できるメリットの一方で年収や職業証明の義務がなくトラブルになることも少なくありません。

特に教員は、先ほどもお伝えしたように真面目で社会的立場を気にする方も多く、うっかり元生徒や同僚の先生に婚活がバレるのを嫌がります。

結婚相談所であれば

  • 収入証明や職業証明などの提出が義務付けられている
  • 正式なお付き合いの前は個人情報が知られないように管理されている
  • 真剣に結婚を考えている相手に出会える

と、教員にとっては安全に本気で結婚を考えている相手に出会えるので、実は利用している方が多いんです。

教員と結婚したい方にとっても相手の職業がしっかり保証されているので安心ですよね。

教員・教師と結婚したい人におすすめの結婚相談所は?

手厚いサポートで人気のパートナーエージェントであれば、無料カウンセリング体験で教員との出会いがあるかを入会前に確認することができます。

来店したからといって無理に入会を勧められることもなく、サービス内容を聞きに行くだけでもOK。

特に土日はカウンセリングの予約が埋まりやすいので、早めに予約だけでもしておきましょう!

パートナーエージェントの来店予約をする