クラブマリッジ

パートナーエージェントとクラブマリッジ、どっちがいい?費用やサポートなど徹底比較

パートナーエージェントとクラブマリッジで迷っているけど、私にはどっちがあっているのかなぁ?
よしみ
よしみ
2社とも手厚い婚活サポートで近年注目度が高まっている結婚相談所なので、迷っている方も多いのではないでしょうか?

どちらも1年以内の結婚を叶えられる可能性のある結婚相談所ですが、もし迷っているのであれば

  • 店舗が多く利用しやすい
  • 料金が安い
  • パートナーエージェントが合わなかった場合はクラブマリッジの乗り換え割が利用できる

といった理由で、パートナーエージェントから利用してみるのがおすすめです。

よしみ
よしみ
そこでこの記事では、パートナーエージェントとクラブマリッジの違いについて気になる5項目で詳しく比較していきます。

パートナーエージェント 公式ページ

クラブマリッジ 公式ページ

パートナーエージェントの基本情報

運営会社 株式会社パートナーエージェント
支店 全国30店舗
(札幌、横浜、大宮、千葉、船橋、高崎、水戸、新宿、銀座、池袋、上野、丸の内、町田、八重洲、渋谷、名古屋、岐阜、岡崎、静岡、浜松、大阪、なんば、京都、神戸、姫路、奈良、広島、福岡、北九州)
会員数 約12000人(コネクトシップを含めると約30,000人)
年齢層 20〜50歳
成婚率 27.2%(年間成婚退会者数÷年間平均会員数で計算)
入会資格 入会審査あり。男性は22〜59歳前後、女性は20〜49歳前後

>>パートナーエージェントの口コミ・評判を見る

クラブマリッジの基本情報

運営会社 株式会社クラブ・マリッジ
対応エリア 関東、シンガポール(店舗は元赤坂、つくば、宇都宮、シンガポール)
会員数 約59,000人(日本結婚相談所連盟の加盟人数を含む)
年齢層 30〜50代
成婚率 約24%(2014年5月~2018年8月の成婚者数÷全入会会員数で計算)
入会資格 男女ともに20歳以上
証明書の提出 あり(住民票、独身証明書、卒業証明書(短大卒以上)、所得証明書(男性のみ)、資格証明書)

>>クラブマリッジの口コミ・評判を見る

徹底比較!パートナーエージェントとクラブマリッジの違いは?

パートナーエージェントとクラブマリッジについて、次の5項目で比較をしました。

  1. 会員数、年齢層
  2. 成婚率
  3. 婚活のしやすさ、サポート体制
  4. 店舗やアドバイザーの雰囲気
  5. 料金

それでは1つずつ詳しく見ていきましょう。

会員数、年齢層

パートナーエージェント 約3万人(コネクトシップの加盟人数を含む)20〜50代
クラブマリッジ 約59,000人(日本結婚相談所連盟の加盟人数を含む)30〜50代

会員数を比べてみるとクラブマリッジの方が多いですね。

ただこの59,000人というのは、全国1,800社以上の結婚相談所が提携している日本結婚相談所連盟の人数です。

よしみ
よしみ
クラブマリッジは関東特化型の結婚相談所のため、実際に出会える人数としてはもっと少ないのではと予想することができますね。

パートナーエージェントの約30,000人も全国9社の結婚相談所が提携しているコネクトシップ全体の人数で、自社会員のみは約11,000人と発表されています。

よしみ
よしみ
会員の年齢層は、どちらも30代の会員が一番多く、パートナーエージェントの方が20代の会員がやや多いくらいで違いはあまりありません。

成婚率

パートナーエージェント 約27%
クラブマリッジ 約24%

※どちらも成婚退会者÷会員数×100で計算

成婚率を同じ計算方法で比較をしてみると、パートナーエージェントの方がやや高い数値となっていますね。

結婚相談所の成婚率の平均が約10%であることを考えると、2社ともかなり成婚率が高い=結婚につながる出会いが多いのがわかります。

婚活のしやすさ、サポート体制

パートナーエージェント ・全国30店舗
・データとコンシェルジュによる手厚いサポート
・予約すれば面談回数に制限なし
クラブマリッジ ・関東特化
・専任プロデューサーがデータに基づいてアドバイスしてくれる
・出張面談にも対応

パートナーエージェントとクラブマリッジは、婚活サポートの内容はかなり似ています。

  • 仲介型の結婚相談所で手厚い
  • 活動前にしっかりヒアリングしてデータ分析をする
  • 専任のコンシェルジュ・プロデューサーを中心にチームで婚活をサポート
  • 面談回数に制限なしで丁寧に対応してもらえる

サービス内容に質の高さは2社ともかなり高く、信頼できる結婚相談所と言えるでしょう。

大きな違いとしては、パートナーエージェントは全国に支店がありますが、クラブマリッジは関東圏に特化しているという部分ですね。

大阪や名古屋などの関東以外のエリアの場合は、クラブマリッジは利用することができませんので注意が必要です。

店舗やアドバイザーの雰囲気

パートナーエージェント オープンスペースでシンプル、勧誘一切なし
クラブマリッジ おしゃれでカフェのような空間、資料請求後の勧誘や電話連絡なし
よしみ
よしみ
絶賛婚活中の妹ともみが、それぞれ資料請求や無料相談を体験してきました。
ともみ
ともみ
パートナーエージェントは、資料請求と無料相談をしてきました。

白を基調としたシンプルで上品な雰囲気でしたね。

オープンスペースでしたが、相談できるブースはしきりやスクリーンで区切られていたので、人の目を気にせずに相談することができました。

対応してくれたコンシェルジュの方もとても柔らかい雰囲気で、いろんなエピソードを交えながら楽しくお話できました。

安心感のある感じだったので「こういう方が担当だったらなんでも相談できそう」という印象を持つことができましたね。

相談後もしつこい勧誘などは一切なく「またお会いできたら嬉しいです」という言葉が印象的でした。

>>パートナーエージェント無料相談の様子はこちら

ともみ
ともみ
クラブマリッジは、資料請求をしてみました。

2019年10月から郵送での資料送付は廃止になったようで、メールにデータが添付されて送られてきました。

郵送だと届くまでに時間がかかりますし、気になった時にすぐに資料を見ることができるのは便利でいいですね。

元赤坂やシンガポールの店舗はスタイリッシュなカフェのような雰囲気でとてもおしゃれです。

資料請求をするとすぐに電話連絡がかかってくる結婚相談所も多いのですが、クラブマリッジは一切なし。

自分のペースでゆっくり他社との比較もできますし、信頼感がありました。

料金

パートナーエージェント クラブマリッジ
入会金・登録料 30,000円 30,000円
初期費用 95,000円 135,000円
月会費 17,000円 15,000円
成婚料 5万円 15万円
1年間の総額 37.9万円 49.5万円

※すべて税抜き料金
※「1年間の総額」は1年間活動して成婚退会した場合の総額として計算

どちらも3つの料金プランがあるため、一番入会者が多いと考えられるコンシェルジュコースとスタンダードコースで比較をしてみました。

月会費以外はパートナーエージェントの方が安いため、1年間活動して成婚退会した場合で考えると10万円以上の差があることがわかりますね。

パートナーエージェントをおすすめしたい人

  • 結婚相談所を利用するのは初めて
  • 恋愛経験が少ないのでなんでも話せる人が欲しい
  • 関東エリア以外に住んでいる

クラブマリッジをおすすめしたい人

  • 関東に住んでいる方
  • 今別の結婚相談所を利用しているがうまくいかない
  • 仕事が忙しいので職場近くで面談したい

まずは無料体験で自分にあった結婚相談所を選ぼう

パートナーエージェントとクラブマリッジについて、5項目に渡って比較してご紹介しました。

どちらの結婚相談所も質が高く手厚いサポートが受けられますが、一番大切なのは「あなたにあったサポートで結婚につながる出会いがあるかどうか」ですよね?

2社とも入会前の無料相談を行なっていますので、まずは実際に来店して雰囲気や担当の方の様子をチェックしてみることが大切です。

よしみ
よしみ
先ほどもお伝えしたように、どちらも無理な勧誘は一切ありません。安心して一歩を踏み出してみてくださいね!

\迷ったらまずはこちら/
パートナーエージェント 公式ページ

クラブマリッジ 公式ページ