職業別

地方公務員と結婚したい!おすすめ婚活方法3選は?結婚後の生活も紹介

地方公務員の人と結婚したいなぁ。でもどうやって婚活すればいいんだろう?

こんにちは、まーこです!地方公務員として事務職をしています。

地方公務員というと
「安定している」
「信頼感がある」
「転勤や引越しの心配がない」

というイメージから、結婚したいと考えている女性も多いのではないでしょうか?

地方公務員と結婚するには

  1. 地方自治体で働く
  2. 街コンに参加してみる
  3. 結婚相談所を利用してみる

という方法が考えられますが、1年以内に結婚したいと考えているのであれば、結婚相談所が効率もよく一番おすすめですよ。

そこでこの記事では、現役地方公務員の視点で、地方公務員と結婚するためのおすすめの婚活方法や、結婚後のリアルな生活や注意したいことについて詳しくご紹介します。

おすすめの結婚相談所をすぐにチェックする

地方公務員ってどんな仕事?

一言で地方公務員と言っても、その業種は様々です。

大きく分けて事務職と技術職があり、

  • 高校卒業して就職する場合
  • 大学を卒業して地方公務員の試験をクリアして就職する場合

があります。

もちろん、地方公務員でも事務職だけではなく技術職においてはバスの運転手やゴミ処理場などの公立の施設に勤める方々も地方公務員となります。

今から私がご紹介する地方公務員についてはどちらかと言えば行政職の地方公務員を指します。

地方公務員は行政職でわかりやすく言えば、都道府県ではなく、市レベルのイメージを持っていただければ分かりやすいと思います。

地方自治体の行政を司ったり、税収を増やすために企業を誘致したり、自治体の未来を描くような仕事がメインですね。

もちろん、キャリアアップのためには出向することもありますし、提携をしている海外の都市との交換留学などもありますので仕事としては幅広いと言えるでしょう。

地方公務員と結婚するとどんな生活が待っているの?

転勤や引越しの可能性は低い

まず、住まいについては地方公務員だけに就職している自治体から気持ちが離れることがないので転居を伴うような転勤はほぼないですね。

若い頃は官舎に住むことになりますが、一般的には年齢とともに自分自身で一戸建てやマンションを購入して終の棲家を探すことが一般的だと思います。

「家族のいる地元から離れたくない」
「生まれ育った場所で結婚して生活したい」

という方にとっては、地方公務員はぴったりですね。

リストラもなく給料が安定している

公務員と言うことで基本的にはリストラがほとんどないのが当たり前の世界です。

収入については旧態以前として年功序列が強く、昇進しない限りはなかなか給料が上がらない面はあります。

それだけに、若い頃は共働きで収入を得ることも珍しくありません。

ただある程度の給与は安定しているので、生活に困るほどのことはないでしょう。

将来お子さんを育てることを考えると、まずは共働きでしっかり基盤を作っておくとより安心ですね。

真面目で仕事熱心な人が多い

地方公務員になるには、勉強して公務員資格を取る必要があります。

そのため真面目にコツコツ頑張る男性が多く、仕事にも一生懸命に取り組んでいる人が多いですね。

また業種によっては子供からお年寄りまで幅広い年齢の方とコミュニケーションをとっているので、同僚の男性も優しく思いやりのある方が多い印象です。

地方公務員と結婚したら気をつけたいことは?

定年後を見越して貯蓄などをしておく必要がある

地方公務員として仕事をしている限りは、定年後は出世コースになると再就職先もありますが、定年後の仕事を探すのが難しいと言う課題があります。

もちろん、定年前に転職を図ろうと思っても、公務員で築いたキャリアが生かされる再就職先を見つける事は非常に難しいです。

それだけに地方公務員と結婚する際には将来的なビジョンを描いておかないといけないです。

義両親や親戚とのつながりが負担になることも

地方公務員として働く場合は、生まれ育った土地で就職するということがほとんどなので、結婚した相手の親の面倒も親戚関係もうまくこなさないとできない可能性が高くなります。

今の時代に、長男や次男といった考え方もないのであくまでも地元で就職すると言う事はそれなりの責任が出てくるわけです。

なので結婚する前に、親戚関係まできちんと確認しておく必要があるでしょう。

地方公務員と結婚したい!おすすめの婚活方法3選

地方自治体で社員として働く

なんといっても、最近では自治体でも食卓やアルバイト、派遣社員を雇用して業務を推進していますので自分自身の事務処理能力を鍛えることによって地方自治体の業務を手がけることが1番良いと思います。

特に行政職の男性と知り合うためには事務の仕事がほとんどですから、事務処理能力があればすぐに仕事が見つかると思います。

また正社員でなくても、選挙のお仕事や地方自治体の主催するイベントなどで選挙のお仕事や地方自治体が主催するイベントなどで少しでも関わることで知り合いができます。

街コンに参加する

あとは、街コンなどに登録して参加するのも一つの手です。

地方公務員は職業柄、住んでいる地域の女性と知り合いたいと考えている人も多いので、意外と地方公務員の方と出会えることが多いですよ。

結婚相談所を利用する

「別の仕事をしているから転職するのはちょっと…」
「街コンやパーティーでいろんな人と会うのは恥ずかしいし」

そんな方は、結婚相談所を利用してみるのがおすすめです。

婚活サービスには「婚活アプリ」「婚活サイト」など様々ありますが、安く利用できるメリットの一方で年収や職業証明の義務がなくトラブルになることも少なくありません。

特に地方公務員は、真面目で社会的立場を気にする方も多く、うっかり同僚や地域住民に婚活がバレるのを嫌がります。

結婚相談所であれば

  • 収入証明や職業証明などの提出が義務付けられている
  • 正式なお付き合いの前は個人情報が知られないように管理されている
  • 真剣に結婚を考えている相手に出会える

と、地方公務員にとっては安全に本気で結婚を考えている相手に出会えるので、実は利用している方が多いんです。

地方公務員と結婚したい方にとっても相手の職業がしっかり保証されているので安心ですよね。

地方公務員と結婚したい人におすすめの結婚相談所は?

手厚いサポートで人気のパートナーエージェントであれば、無料カウンセリング体験で地方公務員との出会いがあるかを入会前に確認することができます。

来店したからといって無理に入会を勧められることもなく、サービス内容を聞きに行くだけでもOK。

特に土日はカウンセリングの予約が埋まりやすいので、早めに予約だけでもしておきましょう!

パートナーエージェントの来店予約をする