職業別

歯医者・歯科医師と結婚したい!おすすめ婚活方法3選は?結婚後の生活も紹介

歯医者・歯科医師の人と結婚したいなぁ。でもどうやって婚活すればいいんだろう?

32歳のアスカです。歯科医院で助手として働いていました。

歯科医師というと「高収入」「社会的にも信頼されている」「かっこいい」といったイメージから結婚したいと考えている女性は多いですよね。

そこでこの記事では、歯科医師を近くで見てきた歯科助手の視点で、歯医者・歯科医師と結婚するためのおすすめの婚活方法や、結婚後のリアルな生活や注意したいことについて詳しくご紹介します。

おすすめの結婚相談所をすぐにチェックする

歯医者・歯科医師ってどんな仕事?

歯科医師は、ご存知の通り「歯医者さん」のことです。

ざっくりとですが、

  • 虫歯や歯周病、入れ歯などで困っている患者さんの治療
  • 虫歯予防(定期検診)に訪れる患者さんへ歯磨きや食生活の指導

を行います。

また学会への参加、研究、論文の作成等を行なっている歯科医師もいます。

勤務時間としては9時〜18時で仕事をしている先生が多いですね。

病院は診療時間や休診日がはっきり決まっていますので、残業や休日出勤はほとんどありません。

ただし学会は休日に参加することもありますね。

歯科医師は一般的に、

  • 自分自身で開業し、歯科医院を経営する「開業医」
  • 開業医の元、もしくは大学病院や医療法人系の何分院か経営されている歯科医院に勤務する「勤務医」

の2つに分かれます。

地域の患者さんに頼りにされ、そして喜んでもらえるとても素敵なお仕事です。

歯医者・歯科医師と結婚するとどんな生活が待っているの?

親も本人も経済的に余裕がある

医大同様、歯科大もとてもお金がかかります。

なので比較的裕福なおうち出身の人が多く、また、両親のどちらか、もしくは両方が歯科医師という人も多いです。

勤務医はお金にならない、とか、開業医でも経営がうまくいかないと勤務医以下の給料、なんて言う人もいますが、それは一部の話です。

ほとんどの歯科医師は、余裕のある生活をして、美味しいものを食べ、いいものを身につけています。

結婚後の生活を考えると、子供が生まれてもきっと教育や習い事は自由にさせてあげられますよ。

また両親も金銭的時間的に余裕がある場合が多いので、ご両親からのバックアップも期待できるかもしれませんね。

「先生の奥様」と呼ばれるのがうれしい

困った人を治療で助ける歯科医師はとても頼られるお仕事であり、社会的立場と責任のあるお仕事です。

また歯科医師は地域の人に愛される方が多く、妻も「先生の奥さん」としてよくしてもらえることもあります。

周りから愛されて尊敬できる人が結婚相手だと、妻であることが嬉しく誇らしい気持ちになりますね。

一緒に子育てに向き合ってくれる

コツコツと勉強してきて、責任ある仕事にあたっている歯科医師は、もしチャラそうに見えても根は真面目で頭のいい人ばかり。

将来こどもができた時にも、きっとこどもの教育やしつけ、将来に関して真摯に考えてくれるはず。

歯科に加えて基本的な医療知識もたくさん持っているので、こどもにとっても頼れるお父さんになると思いますよ!

歯医者・歯科医師と結婚したら気をつけたいことは?

金銭的な価値観は結婚前に擦り合わせを!

先に書いたとおり、歯科医師と結婚すると経済的には余裕がある生活ができると思います。

ですが、独身時代は何も考えずに贅沢をしていた、学会や歯科医師会等のおつきあいで高いお店で食事をするのがしょっちゅうだった、自分では料理をしないので毎日外食、服は全部クリーニング…なんて人がいるのも事実。

程度の差はあっても、お金の使い方が「普通とはちょっとずれてる」人が多いのは否めません。

結婚したからには、使うところは使う、締めるところは締める!を徹底したいところですが、一生懸命働いてそのたくさんのお金を稼いでいるのは他ならぬ彼自身。

プライドを傷つけるようなことや、管理の甘さを責めるようなことは言わずに、

「将来のためにしっかり貯めたい」
「手料理を食べて欲しいから外食は控えめにしようね」

など、彼をサポートしたい気持ちや家族を想う気持ちで相談しましょう。

根は真面目で頭のいい歯科医師なので、きちんと考えて協力してくれるはずです。

基本的に転勤はないが、開業する場合は注意

全国的に展開している医療法人等でない限り、勤務医でも転勤はほとんどないのが歯科医師のメリット。

ただし、開業する場合は「親がやっている歯科医院の跡を継ぐ」というパターンで、今住んでいる場所を離れる場合もあるのでそこはよく話し合いや覚悟をしておきましょう。

また、開業時に病院と住居をひとつの建物にする歯科医師も多いですが、これだと患者さんに普段の生活や玄関での出入りを見られてしまったり、中には診療時間外に自宅部分のインターホンを押して「痛いから今すぐ診てくれ」なんて困った患者さんが来ることも…。

困った人を助ける大切なお仕事とはいえ、家族の時間やプライバシーも大切です。

こういったこともよく考え、いつでもお互い本音で相談できる関係を築きましょう。

歯医者・歯科医師と結婚したい!おすすめの婚活方法3選

歯科医院で働く

やはり「職場での出会い」は大きいです。

歯科医師の結婚相手は、「同じ職場で働く歯科衛生士、歯科助手、受付」がとっても多いんですよ。

歯科衛生士は学校を出て国家資格に受からないといけませんが、助手や受付は資格がなくても働けますし、アルバイトやパートから始めることもできます。

働いている姿はやはりその人がよーくわかりますので、どんな風に患者さんに対応しているか、学会や研究など新たな知識への意欲はどうか、スタッフへの対応はどうか…など、合コン等で出会うだけではわからない「人として、どんな人だろう?」をチェックすることもできますね。

何より、一緒に働く仲間として時間を過ごし、関係を築けるのでお互い信頼感が生まれます。

歯科関係者に紹介してもらう

歯科医師は、やはり社会的立場や責任、そしてプライドがあるので、気軽に使える婚活アプリがあると知っていても、「それを利用して万が一患者さんやスタッフに「先生婚活中なんだ…」とバレたら…」と思う人が多いです。

なので、一緒に働く歯科医師や、学会で繋がりのある歯科医師、大学時代の同期など「知り合いの歯科医師」に紹介してもらうパターンも多いです。

やはり知り合いからの紹介は安心ですからね。

結婚相談所を利用する

結婚相談所も実は使っている歯科医師が多いです。

結婚相談所ならではのメリットは、個人情報がしっかり管理されていること。

そして身分や収入を証明する書類の提出が義務付けられていること、真剣に結婚を考えている人に出会えること…

これらは、結婚相手を探している歯科医師にとっても、そして歯科医師と結婚したい女性にとってもメリットですね。

歯科医師は人のために働くとても尊敬できる職業で、毎日患者さんと接しているため話が上手な人も多いです。

きっと楽しい結婚生活が送れますよ!素敵な出会いを応援しています!

歯医者・歯科医師と結婚したい人におすすめの結婚相談所は?

「会員の質」にこだわるIBJメンバーズは、高収入のハイクラスと呼ばれる男性会員が多くいる結婚相談所として有名です。

無料カウンセリングでは、丁寧にヒアリングした上であなたが希望する結婚相手の条件に合う男性がいるかを入会前にチェックすることができますよ。

無理に入会を迫られることは一切なかったので、まずは歯科医師の男性がどのくらいいるか相談してみるのがおすすめです。

よしみ
よしみ
土日や平日の夜は予約が埋まりやすいので、気になったら早めに資料請求や来店予約だけでもしておきましょう!

IBJメンバーズの来店予約をする